« 馬ノ田ウォーキング | メイン | 石岡第一発電所の水圧管路から貯水槽付近〜第二発電所 »

2011/08/02

大北渓谷ウォーク

震災後、大北渓谷の石岡側入口は通行止めになっていた。もうそろそろ、通行が出来るのではないかと出かけてみました。又、石岡第一発電所の貯水槽が崩落し、この部分が国の歴史遺産から除外されたNHKのニュースで知ったので、安全面で問題なければ、状況を見たいとと思いました。まずは、大北渓谷の状況を、以下写真に示します。
石岡側に通行止めバリケードがありました。しかし、人と自転車はOKと思われる表示があり、第一発電所を目的地にして歩き出しました。途中には落石が路上に放置されたり、がけ崩れがそのままとなっていました。
発電所の手前で震災の翌日から毎日のように歩いているという方に会いましたので道の状況と貯水池の状況を聞きました。道は発電所の水路点検道路近くで通行止めだが、貯水池に行く道は問題なく、管路の補修は終ってるとのこと。
感想 :危険を感じながら歩く感じ。残念ながら現状はお勧めできません。


P1000035
大北渓谷入口 通行止め 人と自転車はOK?


P1000040
落石がそのままの状態である。


P1000041
土砂崩れの跡


P1000046
対岸の土砂崩れの様子


P1000054
発電所


P1000056
ここで通行止め 右手の道は点検用道路 貯水槽へはこの道を進む


コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

最近のトラックバック